無益な争論2|強大か弱小か、強いか弱いか

広告
ちしょう
ちしょう

本記事は「雑阿含経巻第16-413」の内容を基に作りました。

ちしょう
ちしょう

そのような議論はやめなさい

弟子A
弟子A

コーサラ国のパセーナディ王、最近、すごい勢いだよね。

弟子B
弟子B

ああ、ひと昔前まで、ここらで最大の勢力を誇ったと言われるカーシー国を手中に収めたわけだからね。よっぼどの実力者じゃないの?

弟子A
弟子A

やっぱり、ここらじゃパセーナディ王が一番かな。

弟子B
弟子B

いやいや。ビンビサーラ王もすごいよ。あのマガダ国の。

弟子A
弟子A

ああ。ビンビサーラ王妃はコーサラ国の王族だっけ。ビンビサーラ王と結婚の際に、マガダ国はカーシー国の一部をその傘下に収めたとか……。

弟子B
弟子B

だからここらで一番は、ビンビサーラ王でしょう。

弟子A
弟子A

いや、でもパセーナディ王の方がすごいんじゃない?

弟子B
弟子B

マガダ国の経済力はすごいでしょう。

弟子A
弟子A

コーサラ国の軍事力もすごいって聞くよ。

弟子B
弟子B

軍備にもお金がかかるじゃない。だからやっぱりビンビサーラ王がここらへんで一番じゃないかな。

弟子A
弟子A

いいや。強さで言えば、パセーナディ王でしょ。

お釈迦さん
お釈迦さん

あなたたち。一体何の話をしているのですか?

弟子A
弟子A

お釈迦さんししょう、いい所に。パセーナディ王とビンビサーラ王どちらが強いと思われますか?

弟子B
弟子B

お釈迦さんししょうは、どちらの王にも会ったことがありましたよね?

お釈迦さん
お釈迦さん

なぜ、あなた達が、各王の勢力や財力について語っているのですか?

弟子B
弟子B

え? いや……。

お釈迦さん
お釈迦さん

そのような議論はよしなさい。

それは、仏法を理解する上で、何の利益にもなりません。

弟子A
弟子A

でも、王の行動如何によっては、様々な影響があるじゃないですか。

弟子B
弟子B

そうですよ。その影響によって、苦しみが生まれることだってあります。

弟子A
弟子A

「苦」についての話ってことじゃないですか。

お釈迦さん
お釈迦さん
弟子A
弟子A

はい……

弟子B
弟子B

申し訳ございません。

お釈迦さんは退席しました。
弟子A
弟子A

いやいや。前にもこんな事あったよね

弟子B
弟子B

そうだね。前にも同じ事、聞いた気がするよ

弟子A
弟子A

前回は「命」で、今回は「苦」。

どっちも大事な話だと思うんだけど……。

弟子B
弟子B

「命」や「苦」の話をしちゃダメってことなのかな?

弟子2
弟子2

あ、いや。同じテーマはテーマでも「論点がずれている」ってことだと思うよ。

弟子1
弟子1

人間、誰にでも、そんなことありますよね。

私にもあるし。今も昔も。どこにでもある話。

弟子2
弟子2

そうだね。同じ「言葉」、例えば「命」について話しているつもりでも、何ていうか、話がかみ合っていないというか。論点が違うというか……。

弟子1
弟子1

「そういう話になってしまうの!?」ってことあるよね。

弟子A
弟子A

同じ言葉、例えば「苦」を念頭に話していても、全然違う中身の話をしているってことか?

弟子2
弟子2

そそ。同じ言葉を使っているからって、同じ話をしているとは限らない。同じ話をしているからって、中身が同じとは限らない。

弟子B
弟子B

ふむ。何にせよ、お釈迦さんししょうが伝えたい事と私達が受け取ったことは違うってことか……。それはそれで凹むな。

弟子1
弟子1

まぁ、それはそうだけど、自分に才能がないとか、自分を否定的に考えるような方向で、考えないほうがいいよ。

弟子B
弟子B

もしかして、「凹むな……」って話になるのも、論点が違うってことの一つなのか?

弟子A
弟子A

そうかもしれないね(笑)


補足

  • 出典:雑阿含経巻第16-413

(四一三)如是我聞。一時佛住王舍城迦蘭陀竹園。時有衆多比丘。集於食堂。作如是論。波斯匿王。頻婆娑羅王。何者大力。何者大富。爾時世尊。於禪定中。以天耳聞諸比丘論説之聲。即從座起往詣食堂。敷坐具於衆前坐。問諸比丘。汝等何所論説。時諸比丘。即以上事。具白世尊。佛告比丘。汝等用説諸王大力大富爲。汝等比丘。莫作是論。所以者何。此非義饒益。非法饒益。非梵行饒益。非智非正覺。不向涅槃。汝等當説。此苦聖諦。苦集聖諦。苦滅聖諦。苦滅道跡聖諦。所以者何。此四聖諦。是義饒益。法饒益。梵行饒益。正智正覺。正向涅槃。是故比丘。於四聖諦。未無間等者。當勤方便起増上欲。學無間等。佛説此經已。諸比丘聞佛所説。歡喜奉行
(大正No.99, 2巻110頁a段3行-18行)

SAT大正新脩大藏經テキストデータベースより

国訳一切経阿含部2巻31頁

コメント

タイトルとURLをコピーしました