【仏教トーク⑨】水の流れと牛飼いの話

ちしょう
ちしょう

この会話は、「雑阿含経巻第43-1174」の内容を参考にしました。

まずは牛を返してきなさい

弟子1
弟子1

おはようございます。お釈迦さんししょう。早速ですが今回も私たちの為に何かご教授ください。

弟子2
弟子2

さすれば、私達の修行の道も滞りなく進むことでしょう。

ナレーション
ナレーション

その時、お釈迦さんは流れゆく川の様子を観ていました。すると、そこに大樹から折れ落ちたのでしょうか。川の流れに従って、一本の大きな枝が上流から下流へと流れていくのが見えました。

お釈迦さん
お釈迦さん

あの木は、こっちの岸につかず、向こうの岸にもつかず、水底にも沈まず、中洲や岩などの障害物にも引っかからず、渦にも飲まれず、人や動物に捕らわれることなく、また腐らずに、水の流れに従って、いずれあの大海原へと辿り着くでしょうか……?

弟子1
弟子1

ええ、きっと辿り着くでしょう。

お釈迦さん
お釈迦さん

私達、修行者もあの木と同じようなものなのでしょうね。

弟子1
弟子1

なるほど。私達、修行者の道も、あの川の流れのようなものなのですね。

弟子2
弟子2

水の流れに抗わず、滞らず、流れに従って進んでいく……。なるほど。ご教授ありがとうございます。

ナレーション
ナレーション

お釈迦さんと弟子達がそんなやり取りを、偶然、近くで聞いていた人物がいました。名をナンダと言います。

 

彼は、よく牛飼いが使う杖を持ち、ちょうどご主人から任された牛達を放牧している最中でした。

ナンダ
ナンダ

あの~、すみません。

弟子1
弟子1

ん? こんにちは。なんか御用でしょうか?

ナンダ
ナンダ

近くを歩いていて、たまたま、耳に入ってきたのですが、先ほどの話、すごく気になりまして……。

弟子2
弟子2

「水の流れに抗わず、滞らず、流れに従って進んでいく……」という話のことですか?

ナンダ
ナンダ

はい。そうです。実は最初から聞いていました。私自身、牛を放牧する生活を堪能していますが、まさにその様も、『こっちの岸につかず、向こうの岸にもつかず、水底にも沈まず、中洲や岩などの障害物にも引っかからず、渦にも飲まれず、人や動物に捕らわれることなく、また腐らずに、水の流れに従うように』だと思うのす。

ナンダ
ナンダ

もしお釈迦さんの弟子になったら、私も今まで以上に、何事にも捕らわれないそんな修行を堪能することができますか?

弟子1
弟子1

それはつまり、弟子入り希望ということですか?

ナンダ
ナンダ

その通りです。今すぐにでも、弟子にしてください。

お釈迦さん
お釈迦さん

ナンダさん。あなたは、その牛をどうするつもりですか? あなたの主に牛は返してこないのですか?

ナンダ
ナンダ

こいつらはちゃんと自分達だけで家に帰れますよ。別に私が連れて帰る必要はないのです。そんなことより、弟子に入って仏道を学ぶ許可をくれるのかどうか、私が聞きたいのはそっちです。

お釈迦さん
お釈迦さん

ちゃんと牛達が家に帰ることができるといっても、あなたは、今、人からその牛を預かって生活をしているのでしょう?

ナンダ
ナンダ

まぁ、そうですが……。

お釈迦さん
お釈迦さん

ならば、まずはちゃんと帰って、その牛の主に報告してきなさい。

ナンダ
ナンダ

今すぐ弟子入りはダメですか?

お釈迦さん
お釈迦さん

まずは、牛を返してきなさい。

ナンダ
ナンダ

わかりました。では、一度、帰ります。

サーリプッタ
サーリプッタ

お釈迦さんししょう。あのナンダという牛飼いの者は、弟子になりたいと言っていたのでしょう。なぜ家に帰したのですか?

弟子2
弟子2

そうですよ。お釈迦さんししょう。水の流れのように、何事にも捕らわれずにと言っていたじゃないですか。

 

彼は、その言葉に、お釈迦さんししょうの言葉に感銘を受けて、弟子入りを志願したのでしょう?

お釈迦さん
お釈迦さん

帰ってから「やっぱり、このまま牛飼いを続けたい」と思うなら、縁がなかったのでしょう。牛を主人に返した後でも、仏道を学びたいと思うなら、またこちらに帰って来るでしょう。

弟子1
弟子1

「修行者は水の流れのようなもの」と言っときながら、一方で、ナンダさんに対するお釈迦さんししょうの返答は、なんだか矛盾しませんか?

お釈迦さん
お釈迦さん

そうですか?

弟子2
弟子2

そうですよ。「水の流れのように捕らわれない」という所と矛盾するのではないですか?

お釈迦さん
お釈迦さん

そうですか?

弟子1
弟子1

……

弟子2
弟子2

……だとすると、私たちの受け取り方に問題があったということですか?

サーリプッタ
サーリプッタ

そうかもしれませんね(笑)

ナンダ
ナンダ

お釈迦さん。牛を返してきました! 今一度、お願いします。私の弟子入りを許可してください。よろしくお願いします。

お釈迦さん
お釈迦さん

ちゃんと、主人に牛を返してきたのですね。

お釈迦さん
お釈迦さん

よろしい。弟子入りを許可します。

ナンダ
ナンダ

ありがとうございます。どうぞよろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました