一切は燃えている|煩悩を火(炎)に喩えて【動画仏教トーク】

▽原作「仏教トーク」

すべては燃えている|煩悩を火に喩えて
「出典:雑阿含経巻第8-197」仏教で煩悩を火に喩えて話されることが多いですが、その一例です。貪欲の火によって燃えている。怒りの火によって燃えている。愚かの火によって燃えている。一切は燃えている。

編集後記

この経典の話を始めて読んだのは、学生の頃だったと思います。

当時は「煩悩が炎に喩えられているのはお釈迦さんの頃からそうだったのか」と思ったが、よく内容がわからない感じがした。

「全てが燃えているということは、この燃えている世界から脱却することが仏教の目指すところなのか?」とおそらく考えてしまうでしょう。

学生の頃から、そのような厭世的な考えはいまいち受け入れがたかったので、私はこのお経の内容は、いまいちよくわからないものとして、頭の隅に置いてあった程度だった。

ただすごく印象には残っていました。

今改めて翻訳してみて、細部まで考えてみると、色々な発見がある話だと思います。

仏教学は西洋から入ってきましたが、西洋の仏教学は仏教を厭世的な考えのようにとらえている側面があります。

しかし一見厭世的に見えるかもしれませんが、仏教は決して厭世的な考えではありません。

一見というのは、机の上の勉強、学問としてとらえている時によく起こりがちです。自分事として捉えていない。そんな時、仏教はよく厭世的だと誤解されがちなような気がします。

一方で、仏道に親しんでいる人達に直に接して尋ねてみると、仏教はとても活き活きとしている印象を受けます。自分事として捉えて、実践や経験を踏まえて考えるとまた違った印象を受けるのです。

教科書で読んで学ぶだけなのか、実際に現場に出て学ぶのか。この学びの違いはとても大きなものです。

きっとお経というもの同じように、現場に出て学ぶと印象が変わるはずだと私は思います。

すると、お経の文言の受け取り方も変わる。今回のお経は私にとって、学生の頃と今とで、読んだ印象が変わったお経の一つです。

ひょっとしてら今後また10年後に読み返すと、新しい発見があるのやもしれませんね。


▽音源素材
VOICEVOX:波音リツ
VOICEVOX:玄野武宏
VOICEVOX:白上虎太郎
VOICEVOX:WhiteCUL
VOICEVOX:雀松朱司
VOICEVOX:麒ヶ島宗麟

VOICEVOX | 無料のテキスト読み上げ・歌声合成ソフトウェア
無料で使える中品質なテキスト読み上げ・歌声合成ソフトウェア。商用・非商用問わず無料で、誰でも簡単にお使いいただけます。イントネーションを詳細に調整することも可能です。

効果音ラボ

効果音ラボ - 商用無料、報告不用の効果音素材をダウンロード
2400音以上の音源を掲載したフリー効果音サイト。品質にこだわっており、テレビなどのプロの音響現場でも使われています。

▽動画編集ソフト

Shotcut - Home
Shotcut is a free, open source, cross-platform video editor for Windows, Mac and Linux

▽引用(経典)
SAT大正新脩大藏經テキストデータベース

大正新脩大藏經テキストデータベース ホーム

▽荒村寺(曹洞宗)

伊丹で坐禅(座禅)曹洞宗荒村寺
兵庫県伊丹市にある曹洞宗のお寺、荒村寺(こうそんじ)。定期的に坐禅会や写経会、法話など行っています。仏の教え、禅の教えに出会えるお寺です。

▽クリエーターページ(note)

ちしょう(智彰)@禅僧|note
仏教の話が好きで、経典原文を意訳、イラストを交えLINE風の会話や動画に再構成しています。WEB(wp)や動画は独学自作です。ゲーム依存や海外(留学、バックパッカー、海外禅)などの経験があります。詳細...

コメント

タイトルとURLをコピーしました